「ホンネで教えて、PayPay入ってどうですか?」Vol. 3 マーケティング戦略部・新規事業推進担当者

PayPayで活躍中の社員に「入社のきっかけ」や「入社後の驚き」などを「本音」で語ってもらうこの企画。今回はマーケティング戦略部で新規事業推進担当をされている田中智章さんにお話を聞きました!

田中智章さん PayPay歴8カ月。主に新サービスのプロモーション業務を担当。現在はPayPayギフトカードを担当し、クライアント企業のサポートや、販売戦略の立案から実行までを行っている。 ※PayPayギフトカードとは https://paypay.ne.jp/biz/giftcard/

田中さんはどこからどうしてPayPayへ?

新卒で製薬メーカーの営業職として働いた後、転職して薬局で薬剤師になり、直近では電子マネーのプロモーションをしていました。

新しいアイデアを提案していくことが好きなので、PayPayで新しいサービスに携われることに魅力を感じて、転職しました。また、普段からPayPayのヘビーユーザーだったこともあり、アプリを開くたびに新しいキャンペーンやサービスが始まっているのを見ていて、PayPayはとても気になる存在でした。
PayPayのびっくりポイントは?

任される仕事の範囲がとても広くて驚きました。企画提案や戦略の立案だけでなく、プロモーションや営業、運用といったところまで、とにかく守備範囲が広くてびっくりしました。これは絶対に成長できる環境だと確信しました。

マイナスでの驚きとしては、まだ新しい会社ですし、その中で新しいサービスを担当しているということで、何でも答えてくれるような詳しい人がいないこと、でしょうか。 相談し、一緒に悩んで答えを出して進んでいく、ということをいつも繰り返しています。

ホントのところPayPayに入って良かった?

入ってよかったです! 業務のやりがい、面白さはもちろんですが、一番のポイントは社員がとてもフレンドリーで優しく気さくなこと。転職して、はじめはわからないことばかりでしたが、誰にどんな相談をしても親切に対応してもらえて、感激しました。リモートワークでも不自由さを感じることはありませんし、Zoomの会議でもちょっとした雑談に声を出して笑ってしまうこともあり、楽しく仕事ができています。

田中さんと同じ職種への応募はこちらから マーケティング戦略部・新規事業推進担当者
編集:daiki (PayPay Inside-Out編集部) ※社員の所属等は、取材当時のものです。
You May Also Like