「経理」と「プロダクト」を橋渡し!? サービスの高速リリースを裏から支えるシステム企画とは?

今回のPayPayプロフェッショナルズでは、PayPayの根幹を支える「決済システム」の企画担当者を紹介します。PayPayのほぼすべての新サービスに関わり、各部署の橋渡し役として奔走されている森牧子さんの思いに迫ります。

森 牧子(もりまきこ) 2018年9月にPayPayへジョイン。経営管理部で、決済のシステム企画を担当している。

各部署の「こんなことをやりたい」を橋渡し

森さんのお仕事内容を教えてください

PayPayのお金の管理全般を担当している経営管理部に所属しています。その中でも私は、新サービスがリリースする時、会計や、PayPayが届け出をしている資金移動業に関する法律の観点で、問題ないシステムを企画していくのが仕事です。事業開発担当やプロダクト側と一緒になって作っていきます。

担当する案件は、「お金」が関わる新サービス全てです。PayPayは決済サービスで、どんなサービスにもお金は関係するので、すべての新サービスに関わっているということになります。どのサービスも、必ず一度は私が目を通していて、大体10案件くらいを並行して進めています。システムの中でも一部しか関わっていないので、「全てに関わっています」というのはおこがましい感じもしますが…。

どんな風に仕事を進めていくのでしょうか? プロダクトが作ったシステムが問題ないかチェックするというパターンもありますが、サービスの立て付けを決める初期の段階から、「お金の流れ」をどうするかから決めていくことが多いです。例えば、事業開発担当が作った仕様を元に、「この数字の計算は小数第〇位まで計算して、売り上げに計上しよう」「決済後に返金処理がされた場合は、こう対応しよう」など細かい計算ロジックを作り、一緒に仕組みを決めていきます。

仕様が決まったら、今度は「こういうシステムを作ってほしい」とプロダクト側に指示を出します。システムができたら、SQLを使ってデータを抽出し、作ったシステムに問題がないかチェックしていくというのが流れです。

仕事をする上でどんなことを大事にしていますか?

各部署の橋渡し役を担うことですね。

私の仕事は、事業開発、プロダクト、法務や経理担当など、色んな部署との調整が必要です。なので、各部署の橋渡し役となって、皆の「こんなことをやりたい」を実現させようと考えながら仕事をしています。

各担当それぞれが信念を持っていて、向いているベクトルも別なので、うまくかみ合わず食い違ってしまう時もあるんですよ。PayPayの場合、世界中から人が集まっているので、自分が常識だと思っていたことが常識じゃなかったりとか。

そういう時は、互いに誤解が生まれないよう、できるだけ具体的な事例を使って説明するとか、すれ違いが起きないような情報共有の仕方を心掛けています。

MTGの様子。右上が森さん
関わる部署が多いほど、「橋渡し」も難しくなりそうですね

難しいですけど、どうしたら調整できるかをいつも考えています。

結構、MTGでの雰囲気づくりとかが大事だったりします。PayPayは新しいメンバーも多く、実際にお会いしたことない方や初めて話す方といきなり法律や会計など折り合いが難しい話をすると、雰囲気が暗くなってしまうこともあります。なのであえて仕事とは関係ない話を混ぜてみたりしています。在宅勤務で顔を合わせないからこそ、「最近元気ですか?」って投げかけるだけで、お互いの距離が縮まる感じがします。

PayPayの新サービス全てに「攻め」の姿勢で臨む

やりがいはどんなところにありますか?

なんといっても、PayPayのほとんどすべてのサービスに携われるということですね。どのサービスもかなりのスピードでリリースされていくので、どんどん前に進んでいく感じが楽しいです。 どんなシステムにすべきか答えはないので、周りの人と一緒にどうしていくか考えるのがとても楽しいです。

答えがない、というのはどういうことですか?

PayPayはどんどん新しいサービスを作っていて、その中で「お金」に関係するシステムの立て付けを決めるのが私の仕事です。新サービスで、社内に前例がない中、法律やユーザーの使い勝手、リソースなどいろんな要素を考えながら、最適な解を見つけていくんです。会計の決まりや資金移動業の法律なども一見白黒はっきりしてそうですが、解釈次第で作るべきシステムも結構変わってきます。

なので、「会計でこれ問題になるから、〇〇に変えて」ではなく、最終的な方向性と、法律的な背景、どんなリスクがあるかを丁寧に伝えて、「こんな方法ならどう?」「あんな方法ならどう?」とか、各部署と一緒に話し合いながら答えを探していっています。

あとは、単純にPayPayが成長途中でいろんなものがまだ整っていないこともあります。「それシェアされていない」ということもよくあって、他の人に聞いても誰も分からない、みたいな(笑)。

「答えがない」「誰も分からない」というと、大変さばかりを想像してしまいます

もちろん大変さはあるんですけど、楽しいというほうが強いです。分からないことを、みんなで考えていくのを楽しめる人がPayPayに合っているかなと思いますね。

インタビューに答える森さん 答えがない中、最適なシステムの形を見つけるために大切にしていることは何ですか? 大事にしているのは、守りではなく攻めの姿勢で考えることです。

PayPayでは、便利なものをユーザーにスピーディーに届ける、ということを皆が大事にしています。会計や法律上の観点で、完璧なシステムを作ろうとすると、めちゃ細かいシステムになって構築に時間がかかったり、実際の運用で使い物にならなかったりするんです。なので、理想に対して現実的な解決策をどうシステムに落とし込むか、バランスを意識しています。法律的に抜け漏れをなくすという「守り」はもちろんですが、やりたいことをスピーディーに実現するという「攻め」の部分も大事です。

この「攻め」の姿勢は、私だけではなくて普通「守り」のイメージが強いコーポレート機能全体が持っていて、PayPayってすごい会社だなと感じるポイントの一つです。

森さんはPayPayに入るまではどんな仕事をしていたのですか?

元々はヤフーで決済事業の企画担当をやっていて、ユーザーや加盟店が見る決済画面をどう見せるか、みたいな仕事をしていました。PayPayがサービスをリリースした2018年10月の直前に出向してきました。

会計や法律、バックエンドの知識などは元々持っていたんですか?

元々、詳しかったわけではなくて、今でもその都度調べたり、勉強したりして案件を進めています。特にバックエンドのシステムについては全く知識がなく、PayPayに入ってから一から勉強しました。完成したシステムのチェックをするとき、自分でデータを抽出しなくちゃいけなかったので、SQLについて一から勉強しました。

仕事をしながら、一から勉強していくのも簡単なことではないですよね

大変ではありますけど、自分自身にとってもスキルアップになると思っています。

ただ、会計、法律、システム、どれをとっても自分が100%理解できているわけではないです。全てを理解しようとする必要もなくて、PayPayには各分野のプロたちがそろっているので、その都度相談して、いろんな人の助けをもらいながら仕事を進めています。どうしても判断に困ったら、あきらめて上司を頼ります(笑)。

休日を使って同僚と観光に行った時の様子
今の仕事での目標は何でしょうか?

これまでは、担当とか担当じゃないとか考えず、いろんな業務を拾いながらスピード重視でここまで来ました。ただ、今後ますますサービスが成長し、組織も大きくなっていく中では、それだけでは難しいかなと思っています。今後、各個人の業務を整理しながら、周りと一緒に、よりスピーディーに案件を進められるような組織を作っていけたらと思います。

最後に、森さんのポジションでは一緒に働く仲間を募集中ということで、応募を考えている方へのメッセージをお願いします

PayPayの全てのサービスに関わることができるポジションです。しかも、関わったサービスがどんどん世に出ていくので、自分自身が前に進んでいると感じられてとても楽しいですよ。

会計からシステムまでいろんな知識が身に尽きますし、全体を俯瞰して最適解を見つける力や、他部署との調整スキルなど、すごいスピードで自分自身の成長を実感できます。そして何より、いろんな部署の、多様なバックグラウンドを持った人たちと一緒に仕事ができるのが魅力です。

誰も答えが分からない、そもそも答えがない、そんな課題に一緒に向き合って、楽しく仕事をしていきましょう!

この記事に関連する職種に応募する 決済システム企画(経理)
編集:Daiki (PayPay Inside-Out編集部) ※社員の所属等は、取材当時のものです。
You May Also Like