「ホンネで教えて、PayPay入ってどうですか?」Vol. 11 営業サポート担当

PayPayで活躍中の社員に「入社のきっかけ」や「入社後の驚き」などを「本音」で語ってもらうこの企画。 今回は営業サポート部の滝下加奈子さんにお話を聞きました!

滝下 加奈子(たきした・かなこ)さん 営業サポート部自体が新設の部署であり、営業のサポートに繋がることは多岐にわたるので、部署での業務は基本何でも屋さんです。(笑) 新サービスや、新しいキャンペーンなど開始のタイミングで、実績の抽出定義の作成や、会議体に沿った資料作成にも対応しております。

滝下さんはどこからどうしてPayPayへ?

PayPayに来る前は、グループ会社のソフトバンクにて、量販店でスマートフォンやインターネットなどの契約・販売を行うメンバーのマネジメントをしておりました。 そんな中、当時社内で募集していたジョブローテーションの制度を利用してPayPayに応募しました。PayPayは、それまで自分が携わっていた仕事と、全く違う職種ということで興味がありました。

それから、1年以上グループ会社からの出向という状態でPayPayで業務をしていましたが、何かあればすぐチームでまとまって話すことができて、そこで話したことが部の方針になっていくような、とても風通しの良い環境を魅力に感じ、PayPayへの転籍を決めました。

PayPayのびっくりポイントは?

前職と比較すると、上長との距離感は相当近いな、と感じます。以前は大きく、きっちりとした組織だったという事もあるかと思いますが、所属する組織の部長とじっくり話すようなことはあまり無く、降りてきた仕事を受けるという事が多かったです。

しかしPayPayでは、部の方向を決めるような場にも参加でき、自分の意見が今後の指針として採用されることもあるので、自分自身も性格変わったのかな?と思うこともあるくらい、思ったことは言葉として伝えられるようになりました。

上長とは業務の相談・提案はもちろん、業務とは直接関係のない話などもしやすいです。 例えばテレワークが始まって、自宅での環境作りに追われている頃、このモニターが使いやすい!ここが安かった!など上長含めチームメンバーとあれこれ情報共有して盛り上がっていました。こんな、なんてことない話も気兼ねなくできます(笑)

人数も初期よりもかなり増え、会社も大きくなっていますが風通しのよさは今でも変わらないと感じます。 あえてマイナス面を言うとすれば、会社の流れが早すぎて、今日作った資料とかが翌週には古いものになってることです。。。(笑)

日本のキャッシュレス化を進めるため、PayPayのQRコードをどんどん置いてもらおうという方針から、これまで以上にアフターフォローや加盟店様の販促のお手伝いを重視する方針に変わってきています。そのために押さえておくべきポイントがどんどん増えたり、出来たと思ったらまたすぐ次の課題、取り組みがでてきたりする状態です(笑)

ただ、それは会社がとても速いスピードで進化を遂げている証拠でもあると思うので、その状況に居られることを楽しみつつ、進化スピードに慣れることでカバーしていきたいです。他部署のやり方を参考にしてみたり、他部署に聞きやすいよう人脈作りをしたりなど自分なりに工夫しています!

ホントのところPayPayに入って良かった?

はい良かったです。

仕事とプライベートのメリハリがハッキリしたことは、PayPayにきてよかったことのひとつです。

バックオフィスの業務に関わっているという事もありますが、今日やることが明確である、ということがメリハリのある生活をおくる上で大きいと思います。PayPayはベンチャー企業でありながらも、働く環境、社員の健康を守る仕組みがしっかりしていることも魅力ではないでしょうか。

また、チームメンバーにも恵まれ、自身のスキルアップもできている実感があるので大変満足してます。

特にExcelやスプレッドシートなどのスキルは各段に上がって、今では一通り対応できています。

営業サポートは、バックオフィス業務ですが、各地域の営業が一生懸命店舗を訪問してPayPayを導入してもらった件数や、ログなどの集計を見える化し、頑張ってる様子をお届けすることでモチベーションにつなげてもうなど、営業部署の一員として出来ることが沢山ありますので、今後も頑張っていきます。

滝下さんと同じ職種への応募はこちらから 【REMOTE】セールスサポート担当
編集:Keiko (PayPay Inside-Out編集部) ※社員の所属等は、取材当時のものです。