祝3周年!PayPay怒涛の3年を振り返り!

本日10月5日はPayPayの誕生日です!今から3年前の2018年の10月5日、PayPayアプリはリリースされました。

QRコード決済って何?という状態から始まり、あっと驚く数多くのキャンペーンを実施し、国とともにキャッシュレス化を推進、この3年でユーザー数が4100万を超えるまでに急成長し、時代の先端を突き進んできたPayPay。

ちなみに10月5日は、PayPayの誕生日の他に「みそおでんの日」「デコの日」「教師の日」「社内報の日」などがあるそうですよ。(一般社団法人 日本記念日協会より)

PayPayが誕生してもう3年?まだ3年?皆さんはどう感じますか?
今回はPayPayの3年を年表にしましたので、サクッと振り返ってみましょう!

History of PayPay

PayPayの歩み

  • 2018.10.05

    バーコードを使ったスマホ決済サービス「PayPay」を提供開始

  • 2018.12.05

    100億円あげちゃうキャンペーン開始
    わずか10日間で終了

  • 2019.09

    Apple Watch対応

  • 2019.08-09

    PayPayユーザー数

    1,000万人を突破

  • 2019.10

    ・PayPayのユーザー数1,500万人を突破。

    ・PayPay1周年キャンペーン実施

    ・加盟店数150万カ所突破

  • 2020.02

    PayPayユーザー数

    2,000万人突破

  • 2020.04

    ・新型コロナウィルス感染症により緊急事態宣言が発出。

    ・PayPayユーザー数は2,800万人を突破し加盟店数も200万カ所を突破

  • 2020.05

    累計決済回数が10億回突破

  • 2020.07

    「あなたのまちを応援プロジェクト」を発足

  • 2020.07

    ・マイナポイント事業 登録開始

    ・PayPayユーザー数
    3,000万人突破

  • 2020.09

    新しい働き方 “WFA” へ移行

  • 2020.11

    PayPayクーポン提供開始

  • 2021.03

    ・ZHDとLINE経営統合

    ・PayPayユーザー数3,600万人
    加盟店数300万カ所を突破

  • 2021.06

    ・PayPayアプリのホーム画面
    デザインリニューアル

    ・ユーザー数4,000万人突破

  • 2021.08

    ・PayPay加盟店において
    「LINE Pay」での支払いが可能に

    ・ミニアプリ「ボーナス運用」
    400万運用者を突破

  • 2021.10

    決済システム利用料

    1.6%

    ※PayPayマイストア ライトプラン加入の場合

最近では大々的な発表会を行った加盟店の決済システム利用料と「PayPayマイストア」が記憶に新しいですね。PayPayクーポンをはじめ、加盟店の皆さまにとってはより集客につながり、ユーザーの皆さまにはよりお得に使える新しい仕組みとなります。
決済を中心として、生活のあらゆるサービスの起点となるスーパーアプリ化へ向けて、さらに大きな一歩を踏み出したPayPay。PayPayアプリでこんなことも出来るの?!という仕掛けをこれからもたくさん提供していきます。

1枚の年表に怒涛の創業期をぎゅっとまとめましたが、年表に記載されているもの以外にも、スペースの都合上泣く泣く載せられなかった出来事がたくさんあります。

これだけの成長を短期間で達成できたのも、スピードが早く、変化の激しい状況を楽しめるPayPayならでは、だと思います。

これからも新しい流れを作っていくPayPay、その日々の様子はこのPayPay Inside outにて発信し続けていきますので、ぜひお見逃しなく!

執筆:Keiko (PayPay Inside-Out編集部) / 監修:Az / デザイン:Tak ※社員の所属等は、取材当時のものです。
You May Also Like