• menu

Design Chit-Chat Vol. 8 - Katie Cai

Mina

2022.08.30

Design Chit-Chatについて

今やユーザー数5,000万人という国民的サービスとなったPayPay。そのモノづくりを語る上で欠かすことのできないのが、世界約40の国と地域から集まった個性豊かなプロダクトメンバーたちの存在です。グローバルレベルの技術スキルを持つメンバーが集結し、互いの考え方の「違う部分」や「共通 部分」を一人ひとり、ひとつずつ理解していく過程で、これまでになかった考え方やアプローチ、アウトプットを生み出すことができるチームに変わってきました。

Design Chit-Chatでは、そうしたPayPay デザインチームの姿やものづくりの雰囲気を、できるだけダイレクトにお伝えできるよう、メンバーの声をシリーズでお届けします。
今回はプロダクト本部 デザイン部からKatie Caiさんにご登場いただきます。

Katie Cai

Katie Cai(ケイティ カイ)

プロダクト本部 デザイン部

東京を拠点に活動するオーストラリア人デザイナー。2012年より、日本、アメリカ、オーストラリアの大小様々なエージェンシー、ブランド、スタートアップと仕事をし、主にNPOやテック系の企業で働いてきました。2021年にPayPayに入社し、「PayPay for Business」チームに所属した後、O2O Consumerチームに移り、デザインリードを務めています。

所属チーム・仕事内容は

私は現在、O2Oコンシューマーチームのデザインリーダーとして、3人の優秀なデザイナーのグループと一緒に働いています(チームは増え続けています!)。私たちは、ユーザーとPayPay加盟店やその商品をつなぐ、最高のデザインソリューションとサービスを提供することに重点を置いています。現在、クーポンやスタンプカード、地図の機能などのプロダクトを開発中です。

各製品には専属のデザイナーがおり、私はO2O製品全体のデザイン品質とユーザー体験が一貫していることを管理、サポート、保証する役割を担っています。

デザイナーになろうと思ったきっかけ

私は常にクリエイティブで、2000年代初頭のインターネット・キッズとして育ちました(Flashアニメーション、ハッキングHTML/CSSブログ、DeviantArtなど)。私は、実験したり、作ったり、分解したりすることが好きで、従来のメディアに比べ、デジタルツールがとても身近に感じられることが気に入りました。

大学卒業後、この幅広い業界で何から始めたらいいのかわからず、広告業界でスタートを切り、ソーシャルメディアのデジタルエージェンシーで、Facebookアプリやキャンペーン、簡単なウェブサイトの制作に携わりました。幸運なことに、その会社では自社製品(ソーシャルメディア・オートメーション製品)を作ることになり、そこで初めてUXと製品デザインを経験することになったのです。

このプロジェクトのおかげで、「デザイナー」と「クリエイティブ」の違いや、一般的なキャリアパスは大きく2つの選択肢に分かれることに気づかされました。

  • 視覚的に表現し、ストーリーを伝える手段としてのデザイン→アートディレクション、マーケティングデザインなど
  • 問題解決の手段としてのデザイン → UI/UX、プロダクトデザインなど

後者にしたのは、ありきたりですが、自分のデザインスキルを活かして、誰かに少しでも良い影響を与えることができれば、それに越したことはないと思ったからです。

最近手がけているプロジェクト

前職でより実践的な仕事をしていたときは、「PayPay for Business」の加盟店向けのプラットフォームで、「プロフィール補完ウィジェット」などのプロジェクトに取り組んでいました。リーダー職に就いてからは、幅広いO2Oプロジェクトを監督し、品質と一貫性の確保、指示とサポート、プロセス改善のための方法の特定を行っています。

PayPayでは、サイドプロジェクトに携わる機会もあります。私が所属するデザインチットチャットというチームでは、PayPayのデザイナーが他のデザイナーや業界と共有し、学び、成長し、つながる機会を作ることを検討しています。

マーチャントプラットフォーム— PayPay For Business

アイデアを引き出すプロセス

露出、観察、データ。
私は、最新の技術やアイデア、トレンドを常に把握し、それらが自分のプロジェクトに関連するかどうかを確認するようにしています。オンラインでもいろいろなものを読みますが、オフラインの日常生活から最高のアイデアが生まれることもあるのです。

さらに、PayPayのデザインチームには、さまざまな専門知識やバックグラウンドを持つ、非常に優秀な人材がたくさんいます。デザインレビューやワークショップなど、グループで協力してアイデアを出し合い、フィードバックを得る機会もあります。

PayPayでモノづくりする中で大切にしていること

先日、ユーザー数が5,000万人を突破しました!これは、私たちの製品が5,000万人の人々の生活に触れている、あるいは直接的に影響を及ぼしているということです。

ビジネス上の目的を理解し、バランスをとることは重要ですが、最終的にはユーザーが中心であることに変わりはありません。製品チームは、ユーザー体験を向上させ、ユーザーに愛されるPayPayを構築するためのより良い方法を常に探しています。

PayPay Hackathon 2022のイベントで、私のチームがCTO賞を受賞しました。

PayPayでこれからチャレンジしてみたいこと

PayPayが普及し、広く使われるようになると、ユーザーのニーズや解決したい課題も4年前のローンチ時とは変わってきているはずです。

私は、消費者、加盟店を問わず、ユーザーの声をより多く聞くことで、これまでのユーザーリサーチや蓄積したデータなどをベースにしたUX施策を推進し続けたいと考えています。このような情報と定量的なデータを組み合わせることで、ユーザーと共感し、戦略的な根拠に基づいて将来のリスクや問題点の発見・改善策を練ります。そしてPayPayが進化し続け、日本で最高のキャッシュレスソリューションとなることを目指したいと思います。

これからPayPayを受ける人へのメッセージ

もしあなたが、やりがいがあり、魅力的で、活気のある、国際的な環境(「典型的な日本型企業」ではない)を探しているなら、PayPayは素晴らしい職場です。

ボーナスもあります。日本語と英語のリアルタイム通訳サポートがあるので、言語の制限は問題ではありません。

PayPayデザインチーム
Katie Caiさんのとある一日
9:00
起床
9:15
朝食をとり、軽い読書
10:00
Slackのメッセージやメールをキャッチアップ
11:00
O2Oチームミーティング
12:00
昼食
13:00
仕事、会議など
19:00
ノックオフと一日の振り返り

現在募集中のポジション


執:Katie Cai / 監:YAGI / 編:Mina
※社員の所属等は、取材当時のものです。