PayPay Inside-Out People and Culture

デジタルシフトを通じて営業オペレーションを最適化する

2023.06.20

営業戦略および企画の策定から予実管理、営業ガイドラインから営業評価制度や業務フローの設計まで、加盟店とのビジネスにおける営業機能の最適化を図るべく事業と営業部門の間に立ちHubとしての役割を果たしている営業戦略本部。
今回はその中でも、大手企業向けの営業オペレーション企画・運用などを担うエンタープライズ推進部の樋口さんにお話を聞いてきました。

樋口 恵梨奈(ひぐち えりな)

営業戦略本部 エンタープライズ推進部 オンライン推進チーム リーダー

2007年PHS通信会社に新卒として入社。連結子会社化、合併などを経て2015年にSoftBank株式会社へ。代理店営業を経験した後、2018年夏にSoftBankのジョブポス制度を利用してPayPayに入社。営業推進部を経て2020年10月からエンタープライズ推進部オンライン推進チームのリーダーを務めている。

デジタルシフトを通じて営業活動の最適化を設計・支援する

設立早期メンバーとして入社して4年以上経ちましたね。4年間、どうでしたか?

そうですね。入社以降2年は個店営業推進業務を担当しましたが、3年目に今のエンタープライズ推進部に異動し、大手企業向け営業活動の全般を支援しています。その中でも今リーダーを務めているオンライン推進チームは、オンライン加盟店獲得の本格化・活性化に伴い2020年10月にチームとして立ち上がりました。毛色が異なる業務であることや、リーダーになって仕事に対する意識と視野も大きく変わったという点から、一度転職したような感覚です。

100億円あげちゃうキャンペーンはいまだ記憶に新しいですが、PayPayに入社したタイミングではアプリをリリースしたばかりで、必要最低限のことしかない状態でした。多くのことをゼロベースで作り上げていかないといけないような状況でしたね。もちろん辛い時もありましたが、私自身何もないことから成果を出していくことで達成感を感じるタイプということもあり、楽しくやって来れました。また、今は社内にたくさんのプロフェッショナルが居るので何かに困った時に相談できるひとが多く、安心感を持って仕事できています。

エンタープライズ推進部について紹介してください

大手エンタープライズ営業やパートナー営業におけるオペレーションの企画・運用、各種サービスにおけるキャンペーン関連対応、営業組織向け各種周知業務などオペレーション業務全般を担う部署です。

オペレーションの企画・運用においては、営業オペレーション建付けや新規サービスローンチに伴うマニュアル作成などをおこなっています。また、既存のオペレーションの最適化も随時推進しており、現在業務効率化のために加盟店契約における電子捺印システムの導入を検討していたりと、デジタルシフトにも積極的に取り組んでいます。

他にも、PayPayクーポンでのキャンペーンにおける準備から終了後の請求清算後追い対応など各種サービスにおけるキャンペーン対応などもおこなっています。

また、サービス仕様変更や運用変更が生じた場合や各種対応依頼など、営業組織向け各種周知業務も日常的におこなっています。

担当業務の詳細を教えてください

オンライン推進チームは、オンライン加盟店に関わる運用新規建付け、既存フロー改善、PayPayジャンボなどのキャンペーンやオンラインクーポン関連の対応、各種営業周知および営業からの問い合わせ対応をおこなっています。その中でも、私は主にスマートペイメントオンライン決済に関するあと払い対応、OPA(Online Payment API)申請のオートアプリケーション化の推進など各種機能アップデートについての対応などをメンバーと一緒に担っています。

また、チームリーダーを任せてもらっており、チームが持つ案件のタスクやスケジュールの管理などもおこなっています。私たちのチームはみんなでわちゃわちゃ楽しくやろうという雰囲気とカルチャーなので、みんなが近い距離間と親密な関係性を保てているように思います。メンバーからもよく色んな相談を受けていて、一緒に頭を悩ませながら日々の仕事に取り組んでいます。

※スマートペイメントとは、加盟店様のWeb/AppのUIにてPayPayの決済機能を呼び出すことができる機能

大規模でありながら、まだスタートアップ。メンバー一人一人の意見を吸い上げて実行に移す

今のお仕事を通じて感じているやりがいや面白さを教えてください

自分の取り組みがサービスやプロジェクトに直結していると実感を持ちやすいところですかね。また、大規模でありながら、スタートアップマインドを持つことに常にこだわっているということもあり、メンバー一人一人の意見を吸い上げて実行に移すことができるというところも好きです。また、チームワークを大事にしていることから、チームでやり切った時は、ひとりでやる時とはまた味わいの違う達成感が得られます。

直近の事例を話しますと、先程業務内容のところで少し触れましたが、最近スマートペイメントという新しい決済方式の開発とリリースに参画できたことがあげられますかね。PayPayでは、様々な決済方式(ネイティブペイメント、ウェブペイメント、動的ユーザスキャン、アプリコール等)を提供しています。その中でも、加盟店様のサイトにPayPayを埋め込むというネイティブペイメントにおいては、加盟店様に二要素認証などセキュリティ面の強化をお願いしないといけないということや、ウェブペイメントではユーザー様側に画面操作のわずらわしさを感じさせてしまうという課題がありました。このような課題を解決したのがスマートペイメントです。改善点の吸い上げから、改善による効果予測、リリースとその後の運用に営業オペレーションの企画・運用の立場として携わっていますが、自分の仕事がこのように目に見える形でサービス性向上に貢献していることが実感できるのはやはり達成感とモチベーションアップにつながります。

今のお仕事の難しさ、苦労している点を教えてください

サービスや機能の多様化と成長に伴い、営業組織への周知や案内事項も複雑化しています。また、営業組織も日々拡大しているので、様々なバックグラウンドと経験を持っている方々が新しく仲間として加わっています。このような環境の中で、営業組織の全員がこちらの案内に対して同じ理解を持てるようにすることはかなり大変ですね。 勉強会や説明会を定期的に実施するなど知識の標準化に務めていますが、今後はデジタルシフトの推進とも掛け合わせることでより効果的な情報連携と周知ができるようにしていきたいと思います。

仕事をしていく上で大切にしていることを教えてください

チームワークがスピードとクオリティ向上の担保においていかに大事なのか、リーダーになってからより強く感じてます。難しいものであればあるほど、チームワークを通じて一緒に取り組んでいく、みんなで手分けして推進していくことで課題の解決や目標達成へのスピードやクオリティを格段に上げられると思います。

リーダーとしては上記のような環境を作ることを意識するとともに、指導とサポートのバランスを取りながら業務をお任せするということを大事にしています。ゴールや思い描くものについて誠実に、しっかり伝え、それ以降はメンバー個々の努力を見守りながら必要に応じてサポートに入る。これがメンバーも、私もお互い成長できる仕組みになると思っています。

わかりやすく直感的な業務フローの構築を通じてスピードを保った事業成長をバックアップする

今後成し遂げていきたいことやチャレンジしてみたいことについて教えてください

マニュアルも不要なレベルのわかりやすく直感的な業務フローを構築したいと思っています。既にデジタルシフトはどんどん推進しており、各種サービスの申込フローなどだいぶ改善できていますが、まだまだ紙での申込というアナログ式のところもたくさん残っています。加盟店様も、サービスも、営業組織も拡大し続けている中で、各種フローも多様化・複雑化していきますので、業務推進の効率化は非常に大事なところです。毎回マニュアルを隅々まで読み込まないと進まない、人づてに聞かないとわからないというようなことを無くして、業務効率やスピードの向上をしっかりバックアップできるフローの構築と管理を行うことでPayPayのさらなる成長をサポートしていきたいです。

積極的に仲間を募集されていると思いますが、どんな方がPayPayで活躍できると思いますか?

スピード・コミュニケーション力・データドリブン、こちらがキーワードかと思います。PayPayは、変化の速いFinTech市場のど真ん中にいる企業として、他社に真似できない圧倒的なスピードでサービスを磨き上げることを大事にしています。丁寧に仕事を進めていく中でもスピードを常に意識することが大事です。

また、数多くの他部門と横連携を通じて進める仕事が多いため、多種多様な関係者とうまくコミュニケーションを取っていくことも大事です。相手が理解しやすく伝えること、躓くところがあっても粘り強くコミュニケーションを取っていくことですね。

最後に、データに基づいた思考です。データを取り扱うことも多く、議論や調整はデータを基にしていきますので、データドリブン思考や付随するスキルがある方にぜひ仲間になっていただきたいです。

※募集状況、社員の所属等は取材当時のものです。