• menu

SoftBank News × PayPay Inside-Out コラボレーション

Danata

2022.08.31

今年初め、40を超える国と地域から集まるPayPay外国人社員に、各国のキャッシュレス事情に関する状況を調査すべく、PayPay Inside-OutSoftBank Newsの編集部が集まりました。その調査で得られた興味深いデータや回答はこちらに。

コラボレーション第2弾となる今回は、前回の調査結果をベースに、PayPayの社員に「世界と日本のキャッシュレス事情」について深ぼってみました。

PayPay Inside-Out編集部

今月のテーマ

海外と日本の
キャッシュレス事情を
比べてみた

SoftBank News編集部
×
PayPay Inside-Out編集部

SoftBank News編集部

日本でのキャッシュレスに対する障壁

世界から見ると、日本はまだキャッシュレス決済の普及は一歩遅れています。なぜでしょうか。

自分の国・地域でキャッシュレス化が浸透していると感じる人

自分の国・地域でキャッシュレス化が浸透していると感じる人

自分の国・地域でキャッシュレス化が浸透していると感じる人

SoftBank News編集部

調査対象とした17カ国・地域のうち、ベトナムだけがキャッシュレス化が遅れているみたいですね。

PayPayの一部の社員によると、人口動態が理由の一つだという。日本は高齢化が進んでおり、高齢者の多くはアプリやモバイル決済の使い方を理解するのが難しい、とインド出身の社員がコメント。また、マレーシア出身の社員は、日本の高齢者のテクノロジーに対する信頼度は低い傾向にあり、例えば、日本人の義理の両親は現金を使うことを好むと指摘。また、アメリカ人社員は、「年配の方はテクノロジーに慣れておらず、日本のテクノロジーはまだ使いにくい」と述べています。

一方、文化的背景や日本の治安の良さも、キャッシュレス化を阻んでいるようです。「日本の人口の大部分、特にビジネスや政治に影響力のある人々は、現金が主な支払い手段であった20世紀に人生の大半を過ごした人たちです。彼らにとって、現金はより信頼性が高く、快適なものなのです」と、ロシア出身のPayPay社員。オランダや米国に住むPayPay社員も、日本の犯罪率の低さから、多額の現金を持ち歩くことに抵抗がないようだと言う。

しかし、日本がキャッシュレス化の流れから遅れているという意見に全員が同意したわけではありません。台湾出身のPayPay社員は「日本が(キャッシュレス決済の導入に)遅れているとは思っていません。日本では、クレジットカード、Suica(チャージ式ICカード)、QR決済が私の国より便利です」との見方を示しました。

世界の一部で普及している非接触型クレジットカード決済だが、日本ではまだまだこれから

前回の調査結果では、フランス、イラン、韓国、バングラデシュ、ポーランド出身の従業員が、キャッシュレス決済の方法としてクレジットカードの利用を強く希望していると回答しています。これは、日本ではまだそこまで多くは普及していない非接触型クレジットカード決済が、出身国で広く利用されていることが一因と考えられます。

海外における日常の支払い状況

海外における日常の支払い状況

海外における日常の支払い状況

PayPay Inside-Out編集部

PayPay Inside-Out編集部

フランス、韓国、イラン、ポーランドなど、クレジットカードの利用者層が確立している国にとっては、バーコードを使った決済サービスはほとんど存在しないようですね!

フランス出身のPayPay社員は、こう詳しく説明する。「フランスでは、NFC(近距離無線通信)決済の方がはるかに簡単なので、QRコード決済はうまくいかないでしょう。クレジットカードをApple PayやGoogle Payに連携させ、非接触タップ1回をして直接スマホで決済できるのです。」

さらに、韓国出身の社員は、韓国では以前からクレジットカードが定着しており、それが新しい決済技術の足がかりを作ることを難しくしているという。

一方、アルゼンチン出身の社員は、同国では非接触決済が広く普及しているものの、ほとんどの人がクレジットカードではなく、デビットカードでNFCを利用していると話してくれた。

最後に

欧州や米州では、アジアほどバーコード決済サービスが普及していないことを踏まえ、欧州のPayPay社員からは、本稿執筆時点で5,000万人を超える登録ユーザーを抱えるPayPayのサービスには、改善すべき点があるとの意見があった。

オランダに滞在したPayPayの社員は、NFC決済に比べてバーコード決済はスキャンが必要なため処理に時間がかかると指摘し、フランス出身の社員は、PayPayはNFC決済を早急に検討すべきと述べた。また、ロシア出身の社員は、バーコード決済はモバイルネットワークの接続やスマートフォンのバッテリー残量に依存する(ソフトバンクニュースが最近取り上げた話題)とも述べている。

SoftBank News編集部

SoftBank News編集部

特に、スーパーマーケットのような長蛇の列ができる場所では、キャッシュレス決済のスピードが重要視されましたよ。

一方、PayPayの社員は、日本に来てからPayPayのバーコード決済サービスを利用するメリットを語る人が多かった。中国出身の社員は、「PayPayを使えば、もう財布を持ち歩く必要はない」と語った。また、台湾出身の社員は、キャッシュバックキャンペーンも他の決済手段にはない大きなメリットだと指摘する。

マレーシア出身のPayPay社員は、日本に来る前にタクシー予約アプリの「Grab」を使ってバーコード決済の旅を始めたと説明した。「その後、Grabは決済サービスを導入しました。すでにタクシー予約アプリを使っていたので、同じアプリで異なるサービスの支払いができるのは便利でした」と説明。

PayPayアプリは、Grabと同様に、フードデリバリーの注文や映画のチケット予約、HELLO CYCLINGのバイクシェアリングサービスの利用など、さまざまな便利サービスを簡単に利用できる機能を備えているので、是非チェックしてみてください。

次回の記事は
私たちが「ニホンのハタラキカタ」について紹介するよ。
お楽しみに!

次回の記事は私たちが
「ニホンのハタラキカタ」
について紹介するよ。

お楽しみに!

次回の記事は私たちが
「ニホンのハタラキカタ」
について紹介するよ。

お楽しみに!